日記一覧 | 京都市伏見区周辺の不動産をお探しなら株式会社プラスホームにお任せ下さい。

京都市伏見区の不動産情報は株式会社プラスホーム

075-575-3117

営業時間|9:00~19:00 定休日|水曜日(電話によるお問い合わせは受け付けております。また事前に予約頂ければ店での応対させて頂きます)

日記

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。今朝は一段と寒いですね。いよいよ12月も後半戦。今年もあとわずかです。色々やることはありますがとりあえず年賀状を作ります(笑)。

 

 さて、実際に不動産会社に問い合わせた事のある方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。「広告に載らない物件もありますので」というセリフ。じゃあ「なんで売りに出ているのに広告に載らないの?」と不思議に思いますよね。今日はその辺りを少し。

 

 理由は大きく分けて3つあります。

①売主さんがあまり大々的に広告はやめてほしいという要望があるケース

 中古住宅の場合はまだ、売主さんが住んでいるケースも多く、住みながら販売活動を行います。その際に、知らない人からジロジロ見られたりするのがイヤだったり、色々な事情によりご近所さんに知られるのがイヤな方もいます。

 ただ、広告を打ったからといっていきなりこの家が売りに出ているとわかるケースはまれですし、そもそも広告を打たないかぎり売却出来る可能性が少なくなるので売るために不動産会社に依頼する以上、売主さんが広告をするなというケースはまれです。

 

②広告活動をする前に売れてしまうケース

 不動産会社は物件の売却を任せていただいた段階でまず、自分のお客さんに報告します。お家を探している方はどこかしらの不動産会社に問い合わせて顧客登録している場合が多いので、その方が物件の中を見て、そのまま気に入って買うというケースは結構多くあります。

 

③売主さん担当の不動産会社が自分の都合で他社に広告活動はしてはいけませんと言っているケース

 不動産会社の中には任された物件を自分のお客さんで売りたいがために他の不動産会社に「広告活動をしてはいけません」と伝える業者がいます。実はこのケースが最も多く、物件の囲い込みと言われ、一部報道でもよく問題として取り上げられています。なぜこのような事をするかと言えば、自分でお客さんを見つけることが出来れば売主さん・買主さん両方から手数料をもらう事が出来るため売上が倍となります。中には会社としてこれを狙い、片方の契約ではダメと指導している不動産会社もあります。完全に勝手な都合です。

 

 以上の3つの点から広告に載らない物件が生まれます。

 ③のような不動産会社を見分けるポイントとしては広告、ホームページなどを見て、限られた同じ物件情報ばかり載せていないかを見て頂ければ何となくわかるかと思います。ひとつ気をつけてください。

投稿日:2017/12/18    投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。12月も後半に入り、徐々に年末モード。不動産業界も新しい物件の出具合が落ち着き、市場に新規物件が出てくるのは少なくなってきました。弊社もあとは決まっている契約などの準備や、残務処理などがメインとなっていました(年賀状もまだ作ってない!!)。


 さて、来年に入ったらお家を売るかもと考えてらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。その中で最近はペットを飼ってらっしゃる方も多くいらっしゃいます。もちろんそのこと自体が悪いことではありませんが、中にはペットが苦手な方も多くいらっしゃるのは事実です。

 クロスや床の痛みが出ているのは仕方のないことですが、その事が価格交渉や評価の下落につながるケースは多くあります。ただ、痛みはまだリフォームすればきれいになるので金額面だけでさほど問題にはならないのですが、問題になることが多いのがにおいです。

 これは住んでおられる方、ペットの好きな方はそれほど気にならないかもしれませんが、そうでない方にとってはかなり気になる問題です。しかも目に見えないことですから、本当に消えるのか、いつにおわなくなるのかと不安が付きまとってしまいます。

 

 最終、物件を決断される際に気になる点が不安のままだとみなさん決断できません。ですから意外とにおいの問題であきらめる方も多くいらっしゃいます。この点はペットを飼ってらっしゃる方は売りに出す前にひとつ気をつけておきたい点かもしれません。

投稿日:2017/12/17    投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。昨日はかやま家の誕生日、つまり結婚記念日でした。早いものでもう17回目を数えます(笑)。まだまだ若輩夫婦ですがそれなりに色々ありました。ケンカももちろんたくさんしてますが相棒の存在があるからこそ僕は仕事ができるので本当に感謝です。

 これからもまだまだ20年、30年と長い付き合いですから大切にしていかないといけませんね(笑)。

 

 とはいえ、昨日は長女も塾でしたので特に何もせず、ケーキだけ食べました。彼女もラストスパート、追い込みの時期ですので頑張ってます。先日、ふと、「温泉行きたいわぁ」と今まで聞いたことのない独り言を発していたのでヤツも結構疲れているのかもしれません(笑)。とは言え、自分の力で乗り越えなくてはいけないことですし、私もあまり優しい言葉をかける方ではないので、心の中でだけ「頑張れ」と励ましたいと思います。

 

 あまり内容のないブログでしたがこれからもかやま家をよろしくお願いします。

投稿日:2017/12/16    投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。昨日はロームシアターで恒例の不動産協会の義務講習会を受けてきました。

 最近は勉強会の色が強かったのですが昨日はゲストの方を呼んでその取り組みについての講演。元プロ野球の選手の方だったのですが、(選手時代は無名の方だったようで全然存じ上げてません。ごめんなさい)選手時代の話では無く、引退されてからの取り組みで成功を収めておられる方で、その話でした。

 練習に使うボールで破れてしまったものを身障者の方に縫ってもらい、再活用する。身障者の方に仕事を提供でき、なおかつ高校生たちの部活動の部費は抑えられるので一石二鳥。全国的に広がっていき、ニュースなどにも取り上げられて成功されているようです。

 引退後色々な活動や出会いの場に行き、視野を広げた事と、選手時代の経験があったこそのアイデアですね。

 

 私ももっともっと色々な経験と出会いを繰り返しながら、どうすればより良いものになるかと日々考え、既存の概念を壊し続けていきたいと思います。

投稿日:2017/12/15    投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 毎週末になると新聞の折込だったり、ポストにたくさんの不動産広告のチラシ入っていると思います(最近はだいぶ減りましたが)。あれ、どれも同じようなものばかりだと思いませんか?

 

 作っている不動産会社の工夫が無いのも事実ですが、実はあれ、原因があります。公正取引委員会というところがあり、僕たちの広告を見張っています。なぜかって、不動産は大きい商品。うその広告や大げさな表現などを取り締まり、お客さんに誤解を受けないように見張っているのです。その規制が年々厳しくなっていく一方なので載せられる表現がかなり限定されてしまい、同じような表現しか書けなくなっちゃってます。

 最近はちょっと厳しすぎて、逆にお客さんに伝わらなくなっているとは思うのですが、でもこれ、自業自得なんです。僕ら不動産業者が今までおとり広告やうそ(に近い)の表現をしてきたからこその結果なんです。もはや委員会から信頼を失っているのでしょう(それでも無くなりません)。

 ただ、それでお客さんに伝わらない広告になってしまっては元も子もないと思いますので、ここは一度、業界と公正取引委員会が話し合う事も必要な気はします。

 

 僕は同じような広告を打つのは面白くないので、ちょっと変わった広告を出してます。地域情報(お店や行事、名所など)を載せた「プラスなニュース」という新聞のような広告を打ってます。

 「お前のところの広告変わってるな」とか、「見たよ。行っててみた。」とか「載せて頂いて、チラシを持ってお客さんが来ました」とか普通の不動産広告ではありえない反応が返ってきます(笑)。

 市民活動センターから「面白い活動してますね。取材させてください」と、人生初の取材も受けました(笑)。

 何かやるにしてもただ決められた範囲の中でやるのではなく、そこを逸脱することによって思いもよらなかった何か違ったものが生まれたり、新たな出会いがあるという事を身を持って経験させていただきました。また、これからもドンドン変わった事やっていきたいと思います!!

投稿日:2017/12/14    投稿者:-