お客さんと物件を見るときに心がけていること | 京都市伏見区周辺の不動産をお探しなら株式会社プラスホームにお任せ下さい。

京都市伏見区の不動産情報は株式会社プラスホーム

075-575-3117

営業時間9:00~19:00定休日水曜日(電話によるお問い合わせは受け付けております。また事前に予約頂ければ店での応対させて頂きます)

日記
お客さんと物件を見るときに心がけていること

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 

 普段、私たち不動産屋はたくさんの数のお家を見ます。もちろん買おうと思っているお客さんに見てもらうためですが、その際に営業マンによって色々と戦略を練って見てもらう営業マンも多く、どの物件を見てもひたすら「良いですね」と繰り返す営業マン、よくネットなんかでも書かれていますが、あまり良くない物件をたくさん見てもらい最後、疲れたところで最も売りたい物件を見てもらって「良い!」と思わせる営業マン(まだいるのかな?)、などなど色々な営業マンがいます。

 

 その中で、私かやまはいつも作戦なんて持ってません(笑)。物件を見てもらう順番も道順で見てもらってます(笑)。ほんとダメダメ営業マンですね。

 

 色々とお客さんとお家を見てきましたが、強く思っていることがあるんです。それは「自分の営業力で家なんて買ってもらえない」って事です。皆さんも家を買うのに人の言われたとおりに決めますか?

 

 ただ、一つだけ強く心がけていることがあります。それは「自分が買うとしてこの家はどうだろう?」と真剣に考えることです。

 

 人によって好みは様々、暮らしも家庭環境も家族構成、お家に対する思いも全て様々です。私が良いと思ってもその方にとっては良くない物件かもしれません。ですから、その方のお話をよくお聞きし、自分がそうだったらと思い描き、できるだけその方の立場に立って、自分だったらこの家でいいのか考えてお話しします。なので物件を見てる間、結構かやまは静かにしてます(笑)。その中で良い点、悪い点をお話しし、良かった事、気になっている事をお聞きし、一緒になってじっくり考えます。

 

 やっぱり一生を共にする(予定の)お家ですから僕もそのパートナーとして一緒に真剣に悩みたいですね。

投稿日:2017/10/25   投稿者:-