僕たち不動産屋は何を売っているのか | 周辺の不動産をお探しなら株式会社プラスホームにお任せ下さい。

京都市伏見区の不動産情報は株式会社プラスホーム

075-575-3117

営業時間9:00~19:00 定休日水曜日(電話によるお問い合わせは受け付けております。また事前に予約頂ければ店での応対させて頂きます)

日記
僕たち不動産屋は何を売っているのか

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 

 その昔(?)、僕はあまり物事に対して真剣に考えずに生きていました。自分で「自他ともに認める楽観的な男」と思っていたので、あまり物事を色々と考えることがムダだと思っていたのかもしれません。実際運良く、人生を過ごし、大きな挫折も無く生きていました。それは社会に出てからもそうでした。

 「何とかなるわ」と社会に出て、何ともなりませんでした。バリバリの営業会社に入り、成果主義の前に打ちのめされ、何もできずに半年過ごし、自分には向いてないのかもと思い、辞めていった数多くの同期たちと同じく自分も辞めようと思い、上司に告げようとする前に、「このまま辞めたらちょっと悔しいなぁ」とふと思いました。

 なのでただ「辞めます」とは言わず、「今月1ヶ月死ぬ気でやります。それで結果が出なければ辞めます。」と言いました。1か月、死ぬ気でそれこそ、行動量も考えることも死ぬ気でやりました。結果、初契約が取れ、そこで何かキッカケがつかめたのか、かやまと言う男のトントン拍子のサクセスストーリーが生まれるわけです(笑)。すいません。調子に乗りすぎました。

 

 今になって思うのですが、「楽観的」というと何も考えてないという事をイメージする人は多いかもしれません。でも僕はそうは思いません。「楽観的」って言うのは、とことんまで努力したからあとはどんな結果であれ、満足・納得できるという事だと思ってます。だから何もせず待ってるだけとは違うんです。

 

 いきなり、ちょっと話が逸れ気味ですが、その経験があるから、考えるという事の大切さを知り、色々と仕事に対してこうしようかな?ああしようかな?と僕はよく考えます。

 自分は何をしたらいいのか、僕は不動産屋です。でもただの不動産屋で終わりたくない。不動産屋が売るものと言えば「家」です。

 

 でも、「家」と言っても、形は色々あれどほとんどの方が持っています。それなのに「家」が欲しくなる人は多い。

 

 なぜか。

 

 みんな、今以上の「幸せ」が欲しいんだと思います。だから、家族たちともっと幸せになるために「家」が欲しいんだと思います。

 

 だから、僕たちは「家」を売ってるのではなく、言葉を変えれば「幸せ」を売ってるんです

 

 その事に誇りを持ち、もっと意識し、楽しく「幸せ」を売っていきたいと思います。

 

 今回はたまになる「熱く語りたくなる病」にかかった男のお話しでした。

投稿日:2018/04/08   投稿者:-