アルゼンチン代表がピンチ! | 京都市伏見区周辺の不動産をお探しなら株式会社プラスホームにお任せ下さい。

京都市伏見区の不動産情報は株式会社プラスホーム

075-575-3117

営業時間9:00~19:00 定休日水曜日(電話によるお問い合わせは受け付けております。また事前に予約頂ければ店での応対させて頂きます)

日記
アルゼンチン代表がピンチ!

 京都伏見のサッカー好きプラスホーム佳山です。

 

 ロシアワールドカップ予選リーグも二回り目に入り、決勝トーナメント進出を決定づけている国も出てきました。そんな中、優勝候補であるはずのアルゼンチン代表がピンチです。昨日対戦したクロアチアはモドリッチ、ラキティッチ、マンジュキッチ始め好タレントがそろい、まとまりもある強豪チームです。と言いながら実は昨日は僕は完全に寝てましたので試合見てません(笑)。

 

 アルゼンチンの初戦を見たとき、これではヤバいと感じました。メッシという桁外れの選手がいるからなのか、他にもタレントがいるにもかかわらず、完全にメッシ頼みというか、お任せ状態です。ボールを持てば、とりあえずメッシにパスして何とかしてください。これではいくらメッシがすごいと言っても勝てません。あまりにも存在が強すぎて萎縮や遠慮をしているのでしょうか。さすがに今のサッカーは一人がすごいからと言って勝てる時代ではないし、1人を活かすならその一人をフリーにできるような戦術を組むなり工夫が必要な気がしますがそれも無い感じ。

 ただ、やっぱりどんなすごい飛び抜けた存在がいたとしても、全員が同じ方向を見て、チームとしての強さがある方が強いのはサッカーやスポーツだけでなく何でも同じ事かもしれませんね。

 

 個人的な感想ですがサンパオリ監督は全員で守備を構築していく監督という印象があるのでそもそも守備をしないメッシを率いるのは相性が悪いのかもと思ってます。

投稿日:2018/06/22   投稿者:-