日記 2018年2?page=3月 3ページ目 | 京都市伏見区周辺の不動産をお探しなら株式会社プラスホームにお任せ下さい。

京都市伏見区の不動産情報は株式会社プラスホーム

075-366-9570

営業時間10:00~18:00定休日水曜日(電話によるお問い合わせは受け付けております。また事前に予約頂ければ店での応対させて頂きます)

日記一覧

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 いやぁ盛り上がってますね平昌オリンピック♪昨日はフィギュアスケート男子でした。見事羽生選手と宇野選手の金・銀ワンツーフィニッシュという快挙!これ以上ないドラマでしたね。いやぁ二人ともスゴかった!!

 いまさら僕が語ることも無いでしょうけど、ふたりともとにかくスゴい精神力ですね。羽生くんは自らを追い込んで精神力を研ぎ澄ませている感じ。宇野くんは少しあっけらかんとした感じ。どちらもタイプは違いますが本当に精神力が強い。当然、様々なプレッシャーがあって簡単に精神力が強いなんて言葉で片付ける事ではないでしょうが、ただただオジサンは感心です。

 最近若い子たちが今までではありえなかったような事をやり遂げていることにものすごく圧倒され始めてます。今回の二人もそうですがスノボハーフパイプの平野選手、モーグル原選手、将棋の藤井六段、野球の二刀流大谷選手、陸上100mの桐生選手などドンドン若い子たちが偉業を成し遂げてますよね。

 

 私かやまオジサンは本当びっくりしてます。もう「最近の若い子は・・・」とか「これだからゆとりは・・・」とか「俺たちの若いころは・・・」なんて言えません(笑)。

 僕たちオジサン世代も若い子たちの高い壁となれるようもっともっと必死に頑張らないといけませんと刺激を受けました。

投稿日:2018/02/18投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 企業としてどう生き残るか・・・。昨日、仲間と少しそんな話をしました。以前にも書きましたが不動産屋は10年後残っていない業種の代表格。その中でどう生き残るか・・・。

 もはや、知識などは簡単に手に入る世の中。特化した知識はプロよりもお客さんの方が詳しいなんてことは山のようにあります。また、最先端の知識も明日になれば古い知識になる時代でもあります。だからそこでは必要とはされない。

 昨日僕たちは人のやらない事をやらないといけないという事。他にはない自分たちだけのオリジナルを作るという事が必要だと話しました。

 

 例えば面倒臭い事。

 家を建てたり、治したりする中、材料にしても業者はどうしても慣れ親しんだところで頼みがち。その方が融通も利くし、使い勝手もいい。でも今、世間が求めているのは例えばあまり量販されていないこだわりのある材料だったりします。それを色々な所で探し、見つけ、使っていく。そういった一つ一つをやっていく亊。また、そういった提案をしていく亊。

 

 例えば自分なりの目線。

 家を探す方にお家を紹介し、見てもらって気に入れば買う。仲介とはそんな仕事です。人それぞれ見る視点が違いますし、求めているものが違います。その中で僕たちは自分なりの視点を持ち、利点と難点を説明しお客さんが気付かない事、ついつい忘れがちな事を気付かせてあげる事。

 

 例えば人柄。

 人にはそれぞれ個性があります。僕の事が好きと言って頂く方もいるでしょうし、嫌いとおっしゃる方もいると思います。僕たち小さな会社は大きな会社よりも人の個性が出がち。そこを隠すのではなく前面に押し出し、他社にはない個性を出す事。

 

 何が必要とされ、それを感じ、いかに必要とされていくか。小さな会社である僕たちはそこを突き詰めていかないといけないと思います。

 

 プラスホームでないといけない何かを見つけることが僕の一番の仕事だと思います。

投稿日:2018/02/17投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 年が明けて早くもひと月半・・・。正月太りがおさまりません!!以前書いた夫婦でスクワットも三日坊主・・・。もっと以前に書いた腹筋ローラーもとっくの前にやめてしまい・・・これではいけないともっと前に書いた(若干ホコリのかぶった)ヨガマットを取り出し、腹筋を再開しました。

 

 シックスパックになったかやまをお楽しみに(笑)。・・・また三日坊主だろとは言わないで。

投稿日:2018/02/16投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 不動産シーズン真っ最中です。不動産会社にも色々な会社がありますが、僕たちのような一般のお客さんに家を買って頂いたり販売を任されるような会社は今が忙しいと思います。とは言え、弊社は(おそらくいい意味で)マイペースですので今が取り立てて忙しいというわけでは無いのですが(笑)。

 

 一般の方々をお客さんに不動産を行っている業者は基本、物件情報を共有しています。どこの不動産会社がどこの物件を扱ってもいいのです。

 にもかかわらず、お客さんが見つけてきた物件を「これが見たい」と言うと、「その物件は弊社では扱っておりません」と若干上から目線で言う業者がいます。

 

 なぜこのような事が起こるのか。何の事はありません。ただの不動産会社による傲慢です。

 

 不動産会社のわかりにくいカラクリとして仲介手数料の仕組みがあります。売主さんから家を売ってほしいと依頼された場合、売れるとその業者は売主さんから手数料を頂きます。また、その物件を買いたいというお客さんを見つけると買主さんからも手数料を頂けます。一粒で二度おいしい状態です。業者によってはこればっかり狙ってほかの業者に売りに出ていることを隠したり、自社で売却を任された物件しか紹介しない業者もいます。だから「弊社ではその物件を扱っていません」などと言うのです。

 

 勝手に選択肢を狭められていないか。残念ながらお客さん自身が見極める目が必要です。ポイントと言うか見つける目安だけ簡単に言いますと、自社のホームページに物件数が少ない業者、経費がたくさん掛かっている業者(人件費や広告費、場所代など)は少し注意が必要かもしれません。

投稿日:2018/02/15投稿者:-

  京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 

  いよいよメダルラッシュも始まり平昌オリンピックが盛り上がってきましたね。高梨沙羅選手や高木美帆選手のように実績がありながら思うような結果が残せなかった経験を経て乗り越えてきた選手もいれば原大智選手のように初めてのオリンピックでいきなり結果を残すような選手もいます。

  メダルを取るとやっぱり一気に盛り上がるしうれしいですよね。でもそれだけの覚悟をもって行ってきた努力とドラマがまた美しい。確かに勝負の世界ですから結果が大切です。こういった華やかな世界に立つ一部の人たちだけだけの話でなく、僕のような平凡な人生を歩んでいる者でも結果は求められる。だから過程や努力が全てとは言えません。

 

  でも僕はやっぱりどんな形であれ頑張る人が好きだし、それを応援してあげられる人でありたいと思います。

 

  「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし成功した者は皆すべからく努力しておる!!」

   僕の大好きな鴨川会長の大好きな名言で締めてみました。(はじめの一歩という漫画の話ですが)

投稿日:2018/02/14投稿者:-