日記 2018年3?page=4月 4ページ目 | 京都市伏見区周辺の不動産をお探しなら株式会社プラスホームにお任せ下さい。

京都市伏見区の不動産情報は株式会社プラスホーム

075-575-3117

営業時間9:00~19:00定休日水曜日(電話によるお問い合わせは受け付けております。また事前に予約頂ければ店での応対させて頂きます)

日記

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 昨日は、以前に勤めていた会社の上司・先輩・後輩たちと一緒に「寅のや」というお店で飲みに行ってきました。僕も含めて四人とも独立しており、しかも経営者としては全員先輩でものすごく勉強になります。さらに気心が知れている仲間で、楽しい。不定期ですがちょくちょくと開催していていつも楽しみなんです。

 

 僕のこともわかってくれているし、気心も知れているので気付いたこともドンドン言ってくれるし、先を行ってくれている人たちなんで、真似させてもらってます(笑)。みんなめちゃくちゃ考えながら行動されているので本当勉強になります。

 

 ただただ単純に楽しいのでまた開催します(笑)!

投稿日:2018/03/16   投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 今日、長女の中学校の卒業式があり、ちょっと抜けさせてもらって行ってきました。昨日から「楽しかったのに卒業したくないよ~」と何回も叫んでいましたので(ちなみに小学校卒業の時も同じパターン)、まぁ楽しい中学校生活が送れたんだなと喜びつつ、「はい、はい」と言っていなしてやりましたが(笑)。

 

 卒業式は前半は校長先生のあいさつとか来賓者のあいさつとかで正直う~んとなりながら、後半は卒業生の答辞と歌。

 

 これはダメです。なんか最近、ダメなんです(笑)。歳ですね。涙腺がゆるいユルイ。答辞では男の子と女の子と二人で読み合っていたのですが、色んな思いがこみ上げてきたのでしょう。最後の方は男の子が泣きながら必死に読んでいる。もうこんなん見せられたらダメ。隣では奥さん大号泣・・・。それを見て、少し冷静さを取り戻しましたが油断するとダメ。最後の卒業生の歌はもう色んな気持ちがこもっていて、心揺さぶられてしまう。ここまでくるともはや我慢比べです。卒業生対僕の真剣勝負です(笑)。ただ僕、勝ちました!かろうじて踏ん張りました(と言いながらこぼれなかっただけですが)。

 

 

 青春時代っていいですよね。仲間たちと助け合ったり、時にぶつかりあったりして色んな困難にぶつかりながら必死に生きてる。今日こうやって見てきて改めてその事を感じました。娘も本当に楽しい中学校生活だったようで、中学校・高校生活なんて何でもいいからとにかく必死に楽しめとよく言ってるので良かったと思います。

 

 これからも大変な苦難はあるでしょうがこの経験や仲間たちと乗り越えていってくれるでしょう。今日の中学生たちを見てその純粋さと想いに深く感激しましたし、刺激を受けました。こんな子たちがたくさんいる未来は明るい!僕も見習って青春しようと思います。みなさんも一緒に青春しましょう!!

投稿日:2018/03/15   投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 

 マイホーム購入にワクワクしてほしいという想いから「ワクワクプロジェクト」と名付け、その第一弾として住む人がワクワクするリノベーションマンションの販売を企画しています。しかしながら実際には障害も多く、なかなか思うように進まないため、イライラすることもあります。ただ、絶対に妥協したくないんです。お客さんにワクワクしてもらうのに、僕たちが妥協してしまってはワクワクなんてしてもらえない。

 

  昨日も工務店の社長さんとその事を打ち合わせをし、再確認しました。彼もお客さんにワクワクしてもらえる家を造りたいという熱い思いを持つ人。そのお互いの想いをぶつけ合ってあっという間に3時間ぐらい経ってました(笑)。

 

 家は本来、雨風をしのぐもの。そこにはそんな想いはいらないのかもしれない。ただ、寝られたらいい。ご飯が食べられるスペースがあればいい。だから、できるだけ安くていい、損しなければいい。そんな考えの方も多いかもしれません。

 でも僕たちの考えは違います。そもそも家を買うのに損するって何だろうって思うんです。せっかく大きなお買い物だから、35年もの長い間ローンを組んで住むものだから損得だけでなく、自分の家に愛着を持ってほしい。この家を買って本当に良かった。幸せだと感じてほしい。だから実は愛着を持てない家を買ってしまった事が損なんじゃないかって思ってます。

 

 だからそのためにまず僕たちが妥協しちゃいけないと思ってます。今回のリノベマンションはそんな僕たちの想いや愛情の乗ったお部屋になります。また、今回のマンションから僕たちの想いと実際に住む方の想いを感じることのできるイベントを作る予定です。一緒にワクワクしましょう!

 

 4月から先行発売予定です。このブログ等でも状況は逐一報告していきますので楽しみにしていてください!

投稿日:2018/03/14   投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 懐かしいフレーズでしょ(笑)。もう知らない人も多いかもしれませんが「いいとも」でよくタモリさんがやってたフレーズですよね。テレホンショッキングで友達が紹介してくれた人はもう友達だという意味かな。

 

 最近、よく色々な方が僕に「この人を紹介したい」と言ってくれることが増えてきました。これってメチャクチャありがたい事です。僕のような小さな会社は大きな会社と比べてまず人と出会う事が圧倒的に少ない。その代わり人との結びつきは圧倒的に深いと思ってます。

 でも出会える人が少ないのは事実。そこをこうやって紹介してもらう事でカバーしてもらってる気がします。もちろん、実際に家を買う方ばかりじゃありませんよ。中には京都じゃない方もいます(笑)。でもそんなことは正直、どうでもよくて、色々な人に出会えることに価値があると思ってます。色々な方と知り合えることは価値観も広がりますし、自分の成長にも繋がりますしね。

 

 昨日も、紹介していただいた方は病院の院長先生。話をしていると、患者さんの中にどこかで見たことのある人が。以前、僕から家を買って頂いた方でした。先日も書きましたがTwitterで出会った方々と飲み会を開催すれば、たまたま、参加いただいた方同士が同じ中学校の先輩後輩だったり、僕が少し前に行った初めての不動産業界の会合で、目の前に座った方が、以前違う業界にいたときに知り合っていた方だったり。

 少しタモさんの「友達の友達はみな友達だ」とは意味が違うかもしれませんが、まさに奇跡的な事ですよね。色々な所に行けば出会いが増える。でも色々な所に行けば復活する出会いもある。面白いですよね。

 

 自分で会社を始めて色々と大波小波はありますが(笑)、こういう出会いが広がるから楽しんでやってます。皆さんもぜひ僕と友達になっていただけませんか?

投稿日:2018/03/13   投稿者:-

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 先日、やってみたいと思った僕が幹事をしTwitterで友達になった人たちとの飲み会を開催しました。少し前の僕ならありえない事でした(笑)。

 

 そもそもなぜ開催しようかと思ったのか。Twitterを本格的にやり始め、僕の内容の無いつぶやきに反応してくれる。想いに同調してくれたり、応援してくれる人がたくさんいてくれる。ああ世界はなんてステキなんだと得意の単純王っぷりを発揮したことがそもそものきっかけです。

 色々な人達と色々なカラミをしていくうちに、TwitterとかSNSとか言っても結局、普段の生活と変わりない。やり取りをしていくうちに仲良くなっていく人もいれば、すぐに打ち解けられる人もいる。正直合わないなという人もいると思います。でも、基本良い人ばかりなんですよね。まあ僕に絡んでくれるって言うだけでいい人なんでしょうけど(笑)。

 そのうち僕に会いたいと言ってくれる人が現れたり、僕も会いたい人がドンドン増えてきたり。こりゃもう開催するしかないなと自然な流れでした。少し、前に開催されたセミナーで出会った人たちとこんなことやりたいですねという話になり、そこからはトントン拍子ですね。キッカケをくれたそのセミナーの名前を取ってヘルフェス京都支店と名付け、開催。盛り上がりましたねぇ!

 

 みんな、初めて会う人か、2回目の人。でも不思議とすっごい盛り上がるんです。なんでしょうかね?正直、僕にも分からない(笑)。いろんな話をしました。熱く語り合ったり、バカ話で盛り上がったり。たまたま参加されてた方が中学校の先輩後輩の関係だった事が判明なんて奇跡的な出会いもありました。

 

 たぶん、みんな何かをしたいという想いがあるんだと思います。でも行動するのが何だか怖い。だからこうやって行動した(っていうほど大した事ではないかもしれませんが)人達が集まると盛り上げる。怖さも知って、それを乗り越えて何かを行動したから、それをみんな知ってるから一緒に盛り上がれる、助け合えるんだと思います。

 Twitterは出会いのキッカケ。よく言われてる事で僕も最近ものすごくそれを感じてます。実際に出会うと本当に楽しいし、また世界が広がる。でもTwitterの中で人と絡むだけでもそれはそれで一つ乗り越えてる気がします。

 

 また、5月ごろに2回目を開催しようと思ってます。だって、こんなみんな楽しそうなんだもん(笑)。

投稿日:2018/03/12   投稿者:-